旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

ひとごとではない あなたにも起こりうる ~認知症~

ひとごとではない あなたにも起こりうる~認知症~

  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ひとごとではない あなたにも起こりうる ~認知症~

今、TVでも書籍でも、認知症の特集が多くなっていますね。
世間の認知症への関心は、それほど大きいということなのでしょう。
近い将来、4人に1人は認知症といわれる時代がやってきます。
この記事では、「認知症」とは何なのかを徹底的に情報収集しました。

認知症とは、どんな病気?

認知症とは、後天的な脳の器質的障害により、正常に発達した知能が低下した状態をいいます。
認知症は、以前は日本では「痴呆」と呼ばれていました(Dementia=痴呆症=認知症)。
米国精神医学会診断統計便覧 第5版(DSM-5)によるアルツハイマー型認知症の分類では、
「認知症」を「神経認知障害」とし、「大神経認知障害」と「小神経認知障害」に分類しています。そして、最近になって聞いた方もいるのではないでしょうか。小神経認知障害はMCI(軽度認知障害)ということになります。
ここで、いくつか、認知症を説明しているサイトをご紹介します。

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である[1][2][3] 。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される[1][3]。
従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、正常圧水頭症など治療により改善する疾患に対しても認知症の用語を用いることがある。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす。また統合失調症などによる判断力の低下は、認知症には含まれない。また、頭部の外傷により知能が低下した場合などは高次脳機能障害と呼ばれる。
日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。

出典 http://ja.wikipedia.org

脳は、私たちのほとんどあらゆる活動をコントロールしている司令塔です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。
認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態(およそ6ヵ月以上継続)を指します。
認知症を引き起こす病気のうち、もっとも多いのは、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー病、前頭・側頭型認知症、レビー小体病などがこの「変性疾患」にあたります。
続いて多いのが、脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その結果その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れてしまう脳血管性認知症です。

出典 http://www.mhlw.go.jp

日本は、超高齢化・人口減少の局面を迎えています

現在(2017年2月時点)の日本の総人口は1億2683万人で、前年同月に比べ18万人(0.14%)減少しています。
2060年には総人口が9000万人を割り込み、高齢化率は40%近い水準になると推計されています。
そして、認知症高齢者の「日常生活自立度Ⅱ」以上の人口は、2010年で280万人であり、将来推計は 2015年:345万人
      2020年:410万人
      2025年:470万人 (厚労省推計)となっています。
※認知症高齢者の日常生活自立度Ⅱとは:
  日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが多少見られても、
  誰かが注意していれば自立できる状態。

認知症の発症率

では、認知症の発症率はどの程度なのでしょうか。

認知症は70歳以上人口において2番目に多数を占める障害疾患である。全世界で3,560万人が認知症を抱えて生活を送っており、その経済的コストは全世界で毎年0.5-0.6兆米ドル以上とされ、これはスイスのGDPを上回る。患者は毎年770万人ずつ増加しており、世界の認知症患者は2030年には2012年時点の2倍、2050年には3倍以上になるとWHOは推測している。

出典 http://ja.wikipedia.org

厚生労働省は7日、全国で認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値を発表した。65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となる。(2015年1月)

出典 http://info.ninchisho.net

65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で、2012年時点で約462万人に上ることが1日、厚生労働省研究班(代表者・朝田隆筑波大教授)の調査で分かった。認知症になる可能性がある軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計。65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”となる計算で、政府は早急な対策を迫られそうだ。
 調査は09~12年度に、愛知県大府市や茨城県つくば市、佐賀県伊万里市など全国8市町で実施した。本人への面接や家族への聞き取りなどに加え、医師が診断を行って計5386人分のデータを分析。認知症の人の割合である有病率を調べた。
 その結果、全国の有病率を15%と推計し、12年時点の高齢者数3079万人から、認知症の人を約462万人とした。10年時点では約439万人となり、うち在宅有病者数は約270万人、その中で独居者は約43万人と分析した。
 有病率は、年代別にみると、74歳までは10%以下だが、85歳以上で40%超となる。また、ほとんどの年代で女性の方が高かった。
 介護保険のデータに基づき、厚労省が昨年発表した認知症高齢者数は、10年で280万人、12年は305万人。今回の調査はそれを大きく上回った。介護サービスを使っていない高齢者に認知症の人がいるとみられ、介護体制の整備や支援策を充実させる必要がありそうだ。
 正常な状態と認知症の中間とみられるMCIの有病率は13%だった。10年では約380万人、12年では約400万人と推計した。(厚労省調査 2013/6/1付)

出典 http://www.nikkei.com

なんと、4人に1人が認知症を発症する計算になり、一家の双方の両親のいずれか1人は認知症を患っているという、もはや他人事ではない状況と言えます。

認知症の種類と割合とその原因

認知症の種類と割合は
①アルツハイマー型認知症:50%
②脳血管性認知症:20%
③レビー小体型認知症:20%
④その他の認知症:10%
と言われています。
こちらについても諸説ありますが、だいたい平均でこのくらいの割合です。
では、原因について調べてみましょう。

認知症の原因には、病気やストレスなどさまざまな要素があります。まだ明らかでない部分もありますが、原因になることがわかっている病気はいくつかあり、その病気を治療することで認知症を改善できるケースもあります。
そのため認知症の改善には、まず原因になる病気について正しく理解し、対処することが大切。また、原因となり得る病気を予防するために、生活習慣を見直すことも肝心です。
なお、認知症の発症・悪化には心理的な影響も関わっていることがあり、認知症を発症しやすい性格もあるといわれています。
認知症の原因になる病気
●アルツハイマー病アルツハイマー型認知症の原因となる病気で、認知症の中で最も多い疾患です。発症の原因はいくつかの説がありますが、いまだ明らかにされていません。
脳内の神経細胞が急激に減り、脳が委縮してしまうことで、高度の認知障害や知能低下、人格の崩壊などが起こります。
初期の段階では人や物の名前を忘れるなどの記憶障害がゆっくりと進行し、徐々に生活に支障が出るようになります。症状経過の中で、被害妄想や幻覚などが出現することもあり、暴言・暴力・徘徊など問題行動が起こります。
重症化すると家族のことがわからなくなったり、意志疎通ができなくなるなどの認知障害も発症。身体機能も低下して、寝たきりとなることが多いです。
●レビー小体型認知症(びまん性レビー小体病)大脳皮質の神経細胞内にレビー小体という物質が現れ、神経細胞が減少する病気です。
幻覚、幻聴、妄想など認知障害が特徴で、疑い深くなるなどのうつ症状が強くみられます。症状が進行するにつれ、パーキンソン病の運動障害が現れ、認知症の症状も進行します。

出典 http://www.ninchishoucare.com

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!